Butterfly Medicalが前立腺機器のCEマークを取得

*この記事は Globes-Israel’s Business Area で作成されたものを日本語に翻訳したものです。

 

イスラエルの会社が開発した革新的な医療機器は、外科的な切開や前立腺組織の切除なしに、前立腺尿道を拡げることができる。

 

イスラエルの医療機器会社 Butterfly Medical が昨年の11月に、良性前立腺過形成(BPH)の治療のためのこの医療機器がヨーロッパのCEマークを取得したということを発表した。

 

BPHや前立腺肥大は世界中で1億5百万人の男性、50歳以上の男性の10人中4人が罹患している。その症状は、しばしば排尿や睡眠障害、また生殖力の低下やうつ状態、QOLの低下を引き起こしうる性機能障害などがある。

 

薬物療法がたいてい治療の第一選択であるが、症状緩和が不十分であったり、一時的であったりすると、侵襲的な外科的処置が必要になってくる。

Photo Credit: National Cancer Institute

 

 

 

 

 

 

 

Butterfly Medicalの機器によって、第一選択の薬物治療または手術の代わりに、シンプルで迅速かつ侵襲性が最小限の方法が可能になり、BPH患者の治療選択肢を拡大する。

 

その効果の秘訣はユニークなデザインにあり、これにより前立腺の組織にしっかりと固定され、移動する可能性を防ぎ、尿の流れを改善するために尿道を閉塞している前立腺の各葉を動かしている

 

 

この方法は、局所麻酔下で快適な診察室で行われる。機器の装着は10分未満で済むため、即座に症状緩和して性機能を回復させ、患者はすぐに正常な活動に戻ることができる。これは完全に可逆的であり、機器を容易に取り外すことができ、必要に応じて未来の治療法から患者が利益を得ることを保証している。

 

臨床試験での早期結果では、塞がれた前立腺が上手く開いたり、患者が高い満足度を示していたり、前途有望である。

 

 

Butterfly MedicalのCEOであるIdan Geva氏は

私たちはBPHに苦しんでいる世界中の何百万人もの男性にシンプルで非外科的な治療法を提供できることを誇りに思っています。当社のButterfly Medical機器を使用すると、診察室でも迅速かつ簡単に治療を受けることができます。私たちの医療アプローチに対する市場の受け入れがすでに実証されていることから、最も近い競合相手は10億ドル以上で販売されました。」と述べている。

 

*Globes-Israel’s Business Areaの原文を読む。