VRとトレッドミルの運動の2つがパーキンソン病治療に

*この記事は The Jewish Press で作成されたものを日本語に翻訳しています。

 

Tel Aviv Universityでの新しい研究によると、VRとトレッドミルの運動を組み合わせた治療法は、脳の活動を変化させたり、有効な可塑性を促進させたりして、パーキンソン病や神経変性疾患患者の転倒事故を劇的に減少させるというのだ。

 

パーキンソン病患者は、だんだん感覚が鈍くなって、致命的にもなる転倒事故につながる運動や認識に障害が出てくるものだが、VRでのトレッドミルの運動によって転倒の確率が減少するという。前頭前野で活性化される神経の数が減少するのだが、これによって、運動の制御性が向上し、また認知的に難しい作業が機械的にできるようになる

 

この研究は、TAUのSackler School of MedicineとTel Aviv Medical CenterのJeff Hausdorff教授とTel Aviv Medical CenterのInbal Maidan博士とTel Aviv Medical Center、TAUのSackler School of MedicineのAnat Mirelman博士とNir Giladi教授によって行われた。

 

彼らの発見は、雑誌 Neurology に掲載された。

 

実際、患者が行うのは、VRで道にある障害物を避けながら歩くというようなものだ。

 

Hausdorff教授は、

「60~80%もドパミン作動性ニューロンが死んでしまっている末期患者でも、まだ脳の可塑性を亢進させられる可能性がある。もっと言えば、特定の脳の変化を誘発するには、運動は特定の臨床症状に個別化、標的化するべきである」と述べている。

 

*The Jewish Press の原文を読む。