イスラエルの医療機器スタートアップMotusがナスダック株式公開を申し込む

*この記事は THE TIMES OF ISRAEL の記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

イスラエルと米国に拠点を置く医療機器会社であるイスラエルのMotus GI Holdings Inc.は、2880万ドルの収益を上げ、ナスダック株式の株式公開を行うため登録陳述書を証券取引委員会に提出した。

同社は、米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けた使い捨ての医療機器システム「Pure-Vu」を開発した。これを標準的な大腸内視鏡検査機器と接続することで、まだ準備ができていない結腸を、その後の処置を成功させるために、安全かつ効果的に洗浄し、結腸粘膜をはっきりと視覚化する。

 

参考動画

 

大腸内視鏡検査は、最も一般的な医療処置の1つであり、米国では毎年約1500万件が実施されている。大腸内視鏡検査の約55%が結腸直腸癌(CRC)の診療の基準として行われ、残りの45%は出血、炎症性腸疾患および臓器運動障害などの胃腸疾患患者の診断およびサーベイランスに重点が置かれている。

 

 

*THE TIMES OF ISRAEL の原文と続きを読む。