人工的に生成されるニワトリのお肉の市場に注目

*この記事は JewishPress.com で作成されたものを日本語に翻訳しています。

 

世界的に人口が増大している現代において、21世紀最大の人類にとっての課題は食料問題である。

 

以前紹介したクラウドファンディングIndiegogo初の人工肉生成プロジェクトSuperMeatに動きがあったようだ。持続可能な食料系の必要性から、2015年、Ido Savir氏によって作られたTel Avivを拠点とする食技術に関するスタートアップ SuperMeat が、現在、3年以内に実験室で鶏肉を生産し、通常の鶏肉と同じくらいの値段で市場に売り出すことを目指している。

 

同社は、破壊的な食品技術に投資する米国のベンチャーキャピタルファンドNew Crop Capitalと、動物を基本とする経済の代替案に投資するStray Dog Capitalを中心に、1月上旬に300万ドルの投資ラウンドを終了した。 SuperMeatはまた、ドイツの鶏肉生産者PHWと戦略的パートナーシップを結んだ。

 

SuperMeat は本物のニワトリから採ってきた細胞を培養することによって実験室で作り出すことができる。この過程によって、大量生産した生物を殺したり抗生剤を使ったりする必要性や、動物の廃棄物や食材由来の病気に曝されることをなくしていけるであろう。

 

Savir氏は、消費者はその鶏肉を進んで試そうとし、その気持ちは、鶏肉が市場に出回るにつれ大きくなっていくだろうと述べている。

 

気になる味と風味も通常の鶏肉と変わらず、ゆくゆくは通常の鶏肉よりも安くなるだろう。そして、この技術を牛や豚などの他の種類にも応用しようとしている。

 

*JewishPress.comの原文を読む。