イスラエルのデジタル医療技術がいかにヘルスケアに影響を与えているか

*この記事は Nocamels.com – Israeli Innovation news で作成されたものを日本語に翻訳して作成しています。

 

医師が実際にいなくても自宅で健康診断を受けられるようになること、アマゾンエコーが医療機器のスタンダードになることや、高性能医療機器にデータを差し込むだけで医師がすぐに診断結果を手に入れられるようになることが想像できるであろうか。

 

今年の1月にTel Avivで行われた医療会議での多くの発話者たちによると、たった数年という短い期間でこのような世界になっていくのだという。人工知能(AI)、データストレージと共有、ブロックチェイン技術、遠隔医療、その他の健康関連技術は急速に進歩しており、今や「exponential technology(急激に進歩する技術)」という名前で分類されてる

 

スイスのダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会で、イスラエルのBenjamin Netanyahu首相が自国の医療分野のブレイクスルーを起こさせることを目標とした10億シェケル(約3億ドル)のプロジェクトを開始すると発表した。

 

Netanyahu氏によると、イスラエルは今後5年間で、個別化された予防医学の開発を目的としたプログラムのために、多国籍ソフトウェア会社SAPと提携する予定だ。AIや機械学習ツールを使ってより詳細な診断や治療を行う。

 

この提案は閣議の承認を得る前に決定され、このプロジェクトの研究は医療技術の世界的リーダーで革新者であるイスラエルでのみ行われる予定である。

 

例えば、Amon Shashua氏とZiv Aviram氏が創業した、イスラエルのハイテク企業であるOrCamMobileyeという最先端の自動走行技術を開発することに成功し、これはIntelに150億ドル以上で買収されたのだ。(MyEye 2.0)

 

視覚障害者のための装置は、人工の視力を取り入れ、文を読み取ったり、人やよくある物体を認識したりする高度な技術をウェアラブル製品に組み込んである。 OrCamは、世界を変えるイスラエルの”スーパーヒーロー”企業9社のうちの1社として、NoCamelsで最近紹介されている。

 

他にも、遠隔診断、治療のための製品を開発したTytocareや、自動で血液検査を行い、分析、診断する持ち運び可能な機器を開発したDualityが紹介されている。

 

*Nocamels.com – Israeli Innovation newsの原文を読む。