イスラエルの技術がイギリスの医療を変える

*この記事は The Jewish Press で作成されたものを日本語に翻訳しています。

 

イスラエルの英国大使館は、革新的なイスラエルの医療技術をイギリス国民保健サービス(NHS)に合理化するための新たなイニシアチブの開始を発表した。このイニシアチブには、英国の医療システムへの浸透を支援するために、DigitalHealth.Londonからの指導だけでなく、IBMからの技術サポートを提供された2-3の指定されたイスラエルの医療系スタートアップがある。

 

このプログラムは、イスラエルの英国大使館と1959年にイギリスに逃亡したイラク生まれのユダヤ人のDavid Dangoorとの合弁事業として開始された。

David Quarrey 英国大使は、「これにより、イスラエルのイノベーションと技術を英国人のために提供する」と語った。

このイニシアチブは、国際社会が医療へのアプローチの劇的な変化に直面していると信じている慈善事業家、Dangoor氏が後援している。

 

「私たちは、医療革命の最期にあります。イスラエルはこれをリードし、リードをできる最高の立場にある」とDangoor氏は語った。

このプロジェクトでは、2012年UK-Israel Tech Hubの設立に続き、両国間で80以上の新しいビジネスパートナーシップができている。最近の数字によると、Brexitに続く12ヶ月間に、イギリスで設立されたイスラエル企業の数は、国民投票前の12ヶ月と比較して28%増加した。

このイニシアチブは、2年間で4つのセメスターを迎え、イギリスへのビジネス出張を含み、企業は市場をよりよく理解できるようになる。

*The Jewish Press の原文を読む。