イスラエルの最先端AIヘルスケア技術を有するAidocが1億1,000万ドルを調達【資金調達情報】

AI主導のヘルスケア技術を有するAidocは、1億1,000万ドルのシリーズD資金調達ラウンドの完了を発表しました。


このラウンドは、世界的な成長投資家であるTCVとAlpha Intelligence Capital(AIC)が共同で主導し、
AICの共同投資家であるCDIBCapitalも参加しました。


Aidocの技術により、病院は
・医師と看護師の不足
・供給コストの上昇
・ますます困難になる経済環境
というパンデミック後において顕著になるであろう課題に取り組むことができます。


今、我々が直面しているパンデミックは、
世界中の医療制度における労働力不足と燃え尽き症候群を悪化させています。


特に米国では、職員の30%が退職を選択し
さらに31%が医療専門職を完全に辞めることを検討しているとのデータもあります。

2016年に設立されたAidocは、医療専門家が早期に急性異常を発見する支援をしており、
FDA認可のAIベースのソリューションを開発しました。


医療用画像の重大な状態を分析し、異常を発見した場合、
画像ワークフローの中で即座にそれを知らせるシステムです。
これにより治療が迅速化され、患者の全体的な処置の質が向上します。


同社のヘルスケアAIプラットフォームは、現在、世界中の病院、および放射線科グループの放射線科医によって使用されており、
これまでに延べ800万件を超える症例を分析してきました。


Aidocは、AI主導の画像処理能力と対応チームを病院企業全体に適用し、
医師がAI処置の下で患者の処置全体の管理を支援しています。


このプラットフォームにより、放射線科医やその他の画像専門家は、緊急性のある症例を迅速に評価でき、
医師は少ない工数で、より多くの時間を患者との関わりに費やすことができます。


AidocのCEOであるEladWalachさんは、次のように述べています。
「Aidocはすでに主要な画像AIプラットフォームですが、この新しい投資ラウンドにより、
私たちの目的は、AIによる処置を大幅に強化して、さまざまな病院の医療サービスと臨床ワークフローの両方をカバーし、
病院に力を与えることです。専門分野を超えたケアチームを活用し、効率的な最高品質のケアを患者に提供します。」


TCVのゼネラルパートナーであるGopiVaddiさんは、次のように述べています。
「Aidocのプラットフォームは、病院の運営方法を変え、
ヘルスケアを変革するためにずっと必要とされてきた技術を補完する形で機能すると信じています。」

※この記事はNoCamelsの記事を引用し作成しています。

(NoCamelsの原文を読む。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA